棚山ゴルフ倶楽部の18ホールの距離は平均より短め

1994年、富山県下新川郡朝日町に開場したゴルフ場が棚山ゴルフ倶楽部です。
林間地帯に作られているので木々や花といった植物が多く敷地内にあります。
また黒部峡谷、ヒスイ海岸とも呼ばれる境海岸等、ゴルフ場の周辺にも見所が多数存在しているのが特徴です。

自然との調和をコンセプトとして掲げているので、豊富な自然の中で気持ちを安らぎながらプレーすることが可能でしょう。

加藤俊輔氏が18ホールの設計を担当した林間地帯に作られたコースは、高低差が少なく、バックティーから距離は6407ヤードであり、短めです。
木々は各ホールを仕切る役割を果たしているので、他の組に影響を与える可能性が少なくなっています。

フェアウェイは全体的に広めですが、飛距離よりコントロールを重視した方が結果が出やすいでしょう。
距離が全体的に短めなので、遠く飛ばすことによるメリットがあまりありません。

途中で角度が変わる、ドッグレッグの作りが多めなので、どこにボールを落とすかが重要となります。
障害物はそれほど多く配置されておらず、特にバンカーは少なめです。

しかし一個一個の面積は大きめなので、もし打ち込んでしまった場合は脱出が難しくなっています。
巨大なバンカーがある8番、16番ホールは特に注意が必要です。

池は数か所ありますが、あまりプレーには絡んできませんが、最終18番ロングホールは大きな池がフェアウェイを横切っているので、飛ばし過ぎて池に打ち込む可能性は高いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ