9ホール、セミパブリック制で運営されている中関ゴルフ倶楽部

1964年、山口県防府市に開場したゴルフ場が中関ゴルフ倶楽部です。
山口県内で四番目に作られており、長い歴史を持っています。
周防灘のすぐ近くに位置しているシーサイドコースであり、アクセス性に優れた訪れやすいゴルフ場です。
会員はいますが、ビジターの利用者の方が多い、セミパブリック制で運営されてきました。

中関ゴルフ&コミュニティ倶楽部とゴルフ場の名前が変更されています。
9ホールで営業を行っており、18ホールのプレーを行いたい場合は2回まわることとなります。

藤本作一氏が9ホールの設計を担当しました。
海沿いにあるので、高低差はほとんど無く、安心して打つことが出来るでしょう。

フェアウェイも広く作られているので、思いきって打っていけるコースです。
単調にならないように、障害物が配置されています。

バンカーはそれほど多くはありません。
3番、6番、7番ホールは大きめのバンカーがあるので注意する必要があります。

池も多く、5番ホールは池越えスタートなので、慣れていない方は苦戦する可能性が高いでしょう。
また4番、9番ホールはフェアウェイから大きく外れると池に打ち込むこととなるので、ボールが曲がりやすい方は気をつけて打たないといけません。

セミパブリック制を採用しているゴルフ場なので、利用料金は安めに設定されています。

コストパフォーマンスに優れているので多くプレーしたい、コースに出てみたいという方には打ってつけのコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ