長い歴史を持ち、27ホール体制で営業している長岡カントリー倶楽部

新潟県長岡市で1966年より営業を行っているゴルフ場が長岡カントリー倶楽部で、新潟県内で7番目に作られたゴルフ場であり、長い歴史を持っています。
9ホール構成の3コースを備えているのが特徴です。
上田治氏、和泉一介氏の両者が設計に携わりました。

林間地帯に作られているので、木々により各ホールは仕切れられています。
東コースと呼ばれている9ホールはオーソドックスな作りです。

ティーグラウンドからグリーンまで一直線に作られており、フラットなので打ちやすくなっています。
フェアウェイはやや狭めなので正確性を重視した方が良いでしょう。

南コースと呼ばれている9ホールは、このゴルフ場の中では唯一アップダウンのあるコースです。
しかし距離感が狂うほどの高低差ではありません。

バンカーの数はやや多めとなっており、4番、7番ホールのグリーン付近はバンカーの多い危険地帯です。
西コースと呼ばれている9ホールは、東コースと同じくフラットに仕上がっています。

距離が最も長いので、ティーショットの時点から積極的に攻めていかないと好スコアは期待出来ません。
フェアウェイはあまり広く作られおらず、ラフが多めとなっています。

池越えスタートの2番、バンカーが大きめの5番ホールが難所です。
広大な敷地を持っているゴルフ場ですが、高速道路から近く交通の便は良好となっています。

利用料金はやや高めの設定です。
しかし、芝のコンディションは良好であり、値段に見合っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ