アメリカのパブリックコースを意識している鳥羽カントリークラブ

三重県鳥羽市で1975年より営業を行っているゴルフ場が、鳥羽カントリークラブです。
アメリカのパブリックコースを踏襲しているのが特徴であり、ゴルフに集中出来るようになっています。
休憩は最小限に留められており、休みなしで18ホールを回るスループレーに近い方式が基本です。
また、キャディバッグの取り扱いも基本的にプレーを行う利用者自身が行います。

伊勢志摩国立公園内にあり、豊富な自然と近くに見える海が景観の面での見所です。
丘陵地帯に位置しているので高低差はありますが、距離感が狂うほどではありません。

傾斜はあるので、ややボールが曲がりやすくなっています。
18ホールの距離は6810ヤードと長めです。

また、木々が豊富にあるので、殆どのホールが木々により仕切られています。
フェアウェイも広めに作られているので、ティーショットでどれだけ距離を稼げるかが重要なポイントです。

障害物の数は少なめとなっています。
池は一箇所にしかありません。

そしてバンカーもそれほど多くは配置されていませんが、一部には面積が大きいバンカーがあります。
11番ショートホールはグリーン周りに大きめのバンカーがあり、またコース内唯一の池も配置されている難所です。

17番ホールは、フェアウェイの時点からバンカーが多く配置されています。
ゴルフ場内での行動の多くをプレーヤーが担当することもあり、利用料金は高くありません。

セルフプレーが苦にならない方なら安く、且つ快適に利用可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ