天瀬温泉カントリークラブは温泉地に近く、施設内にも温泉がある

天瀬温泉カントリークラブは、大分県日田市で1967年より営業を行っているゴルフ場です。
大分県内で4番目に作られた、歴史のあるゴルフ場となります。
万年山、釈迦岳を望むことが可能であり、景観の面での名物です。
雄大な自然に囲まれているのが特徴であり、コースはその自然を最大限に活かした作りになっています。

島村祐正氏、木下俊雄氏が18ホールの設計に携わりました。
山岳地帯に作られているので高低差、アンジュレーションと呼ばれている傾斜が共にあります。

打ち上げ、打ち下ろしにどう対処するかがポイントです。
18ホールの距離は、グリーンから最も遠いバックティーから打った場合、6459ヤードとなっていて、あまり長いコースではありません。

フェアウェイは一部を除いて広めに作られているので、第一打は思い切って打っていっても問題ありません。
しかし二打目以降は傾斜のせいで曲がりやすくなるので、コントロールを重視した方が確実です。

コース内に池は全くありません。
バンカーに関しては、平均よりやや多めの数が配置されています。

特に2番ホール、5番ホール、6番ホールはグリーン周りを始め多数のバンカーが待ち構えている難所です。
フェアウェイの脇にはサイドバンカーが配置されていることもあるので、長めのホールでは注意が必要となります。

利用料金は安めです。
また、温泉地として名高い由布院が近く、泊まりでのプレーにも向いています。

クラブハウス内にも天然温泉があり、プレーの後は湯に浸かってリラックスすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ