敦賀国際ゴルフ倶楽部は27ホールを所有している歴史のあるゴルフ場

福井県敦賀市で1962年より営業を行っているゴルフ場が、敦賀国際ゴルフ倶楽部です。
福井県で二番目に作られました。9ホール構成の3コース、計27ホールを敷地内に持つ、規模の大きなゴルフ場です。
安田幸吉氏が設計を担当しました。
緑ヶ丘コースと呼ばれる9ホールは、最も距離が長く、フラットでフェアウェイが広いという特徴もあるので多くの方にとって打ちやすい作りです。

松林によって仕切られているので、OBを出す心配もあまりありません。
バンカーはそれほど多くはありませんが、グリーン周りだけでなく、フェアウェイの第一打が落ちそうな地点にも設置されています。

野坂山コースとは、丘陵地帯に作られているという特徴が色濃く出ており、高低差が大きいのが特徴です。
打ち上げや打ち下ろしが多めなので、距離感が狂いやすい設計となっています。

距離は最も短いので、ボールを飛ばす力はさほど必要ありません。
1番ホールは途中で角度の変わる作りであり、その後も終始正確なショットが求められます。

3つ目のコース、泉コースの9ホールは、フェアウェイに川が流れているところがあるなど、戦略性の高いコースです。
距離は長めとなっていて、比較的真っすぐなレイアウトのホールで構成されています。

バンカーの数は平均的です。グリーンを始めとした芝の状態も悪くなく、時期に関わらず快適にプレーが可能となっています。
利用料金が低めに設定されているのも嬉しい点です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ