白浜ゴルフ倶楽部は和歌山県内で最も歴史のあるゴルフ場

和歌山県西牟婁郡白浜町で1956年より営業しているゴルフ場が、白浜ゴルフ倶楽部です。
和歌山県内にあるゴルフ場の中で最も早く作られた、歴史のあるゴルフ場となります。
佐藤儀一氏、松山桂司氏による共同設計で作られた18ホールは6110ヤードと、それほど距離はありません。
その為、本格的にプレーしたいという方にはあまり向いていませんが、楽しむ為のプレーには丁度良いです。

白浜ゴルフ倶楽部は、観光地としても知られている白浜にあり、紀伊半島の中で突き出た形のところに位置しています。
すぐ傍には南紀白浜空港があるので、アクセスの面では抜群に良いゴルフ場です。

また18ホールは難しい方ではありませんが、特別に簡単というわけではありません。
バンカーが非常に多く配置されているので、距離の割には苦しめられることとなります。

バンカーが全体的に大きめであることも、難易度を上げている要因です。
数はあまり多くないものの、池もあります。大きめのバンカーと池がグリーン周りにある11番は、特に難易度が高めです。

アップダウンは若干あり、またうねりもあるので正確にショットを打つのがやや難しいでしょう。
打ち上げの形になっているホールが多く、距離感が狂いやすいです。

コースレートは低めに設定されていますが、そこまで簡単ではありません。
高い技術を持っていない場合、無駄に打数がかさむこととなります。

敷地内はホールを区切る役割を果たしている木々に加え、多くの花が植えられており、非常に鮮やかです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ