八女上陽ゴルフ倶楽部はコースデビューに向いている

1992年、福岡県八女市で営業を開始したのが八女上陽ゴルフ倶楽部です。
丘陵地帯に作られた18ホールの距離は6838ヤードと、距離も十分にあります。
丘陵地帯に作られていますが、なだらかでありフラットと同じ感覚で打つことが可能です。
ティーショットは間違いなく打ちやすいのですが、二打目以降はそこまで簡単ではありません。

フェアウェイがあまり広くないところが多いのです。
フェアウェイをキープするのが大変なコースとなっています。

その為、第一打でつまずくと立て直しでスコアがみるみるうちにかさむことも珍しくありません。
バンカーの数自体は平均的となっています。

一部に大きめのバンカーがありますが、グリーン周りの難易度は平均的です。
池は頻繁に登場しますが、池越えの形になっているところは少なめです。

しかし、1番、14番、18番はグリーン周りに池が配置されているので、落としてしまわないよう正確なコントロールが必要となります。
障害物こそ適度にありますが、真っすぐに作られたホールがほとんどであり、曲がっているところもさほど角度はありません。

この特徴があるので、初心者の方でも十分に楽しめるコースです。
しかし、グリーンは難しく、上級者の方でも気を抜けません。

コース自体に極端な傾斜はありませんが、ベントグリーンは山岳からの流れもあり、傾斜が読みづらくなっています。
パッティングの難易度は高めです。

公式サイトにコースデビュー講座があり、コースデビューには最適なゴルフ場となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ