手頃な料金であることを売りにしている八千代カントリークラブ

広島県安芸高田市にある八千代カントリークラブは、1968年より営業されています。
八千代湖、土師ダムを臨んでプレーすることが可能であり、景観の面での名物です。
土師ダムは広島県でも有数の桜の名所で知られており、春には素晴らしい光景が見られるでしょう。

9ホールで1コースが構成されており、3コース、計27ホールがあります。
村島良雄氏が設計を担当しており、それぞれ元にあった自然を最大限利用しているのが特徴です。

その為かアップダウンは適度にありますので、打ち上げ、打ち下ろしが共にあります。
レイクコースと呼ばれている9ホールは、わずかの差ではありますが一番短いコースです。

難所は4番の極端に曲がったホールとなります。フェアウェイが続いている方向から、グリーンに向けて突如90度近く曲がるという難所です。
バンカーの数はさほどでもありません。また池が全く無いのも特徴です。

リバーコースと呼ばれている9ホールは、その名の通りコースの中を川が流れている箇所があります。
全てのホールで川が流れているわけではありませんが、水には注意が必要です。

ルートコースと呼ばれている9ホールは最も距離があり、飛距離を出したい方向けとなります。
距離が長いだけではなく、プレーに絡む池、大きめで数も多いバンカーがあり、テクニックも必要です。

お手頃な料金で楽しんでもらおうという経営理念があり、その通り安めに利用することが可能となっています。
立地条件も悪くありませんので、アクセスし易いゴルフ場です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ