滋賀県のゴルフ場で最も歴史の古い琵琶湖カントリー倶楽部

滋賀県栗東市で1959年より営業を行っている琵琶湖カントリー倶楽部は、滋賀県内で初めて作られたゴルフ場です。
歴史があるだけでなく、富澤誠造氏が設計を担当した27ホールの評価も高い名門ゴルフ場として知られています。
プロトーナメント開催の実績もあり、コンディションや接客のレベルも高いのですが、名門であるがゆえにゲストが訪れる場合ハードルが高めです。

予約は基本的にメンバーが行う必要があります。
一応、メンバーの紹介があればゲストのみでのプレーも可能であるとホームページで書かれてはいますが、ゲストのみで訪れるのは難しいでしょう。

栗東コースと呼ばれている9ホールは、多数の松が植えられており、緑が映える美しいコースです。
フラットで距離が長いという特徴もあり、思い切ってスイングすることがスコアアップの上で必要となります。

三上コースと呼ばれている9ホールも、基本的にはフラットです。
しかし、こちらはバンカーが非常に多く配置されているので、正確性も要求されます。

その上距離もあるので、パワーも必須な難コースです。

琵琶湖コースと呼ばれている9ホールは、琵琶湖カントリー倶楽部の中では最も短いですが、傾斜がありますのでフェアウェイからのショットでも油断出来ません。

景観の面で優れており、ホールによっては比叡山や琵琶湖の両方を望むことが可能となっています。
組み合わせにより距離は変動しますが、7000ヤード近くになることもあるタフな作りです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ