美濃白川ゴルフ倶楽部の18ホールはグリーンが好評

岐阜県加茂郡白川町にある美濃白川ゴルフ倶楽部は、1991年にオープンしました。
コース名がついた「美濃白川ゴルフ倶楽部 飛水峡コース」と呼ばれることも多く、インターネットでは主にこちらの名前が使われています。
赤羽哲郎氏が18ホールの設計を担当している飛水峡コースは、林間地帯にありフラットに作られているのが特徴です。

バックティーからの距離は6780ヤードと、短くも長くもない平均的な数字ですので、多くの方にとって打ちやすいコースとなっています。

極端に曲がったホールは5番ぐらいで、ほぼ全てのホールのティーグラウンドからグリーンを確認することが可能です。
このコースの難易度を上げているのは、バンカー、そして池となります。

バンカーは他のゴルフ場と比較しても多めに配置されており、捕まるとスコアに影響を及ぼす可能性が高いです。

ゴルフではお馴染みの池が多くあるのも特徴であり、池越えが多くなっています。
一打目の池越えから、グリーンへのアプローチショットでの池越えもあり、苦手としている方は苦しむでしょう。

池の数自体はそれほど多くありませんが、大きめのものが的確に配置されています。
美濃白川ゴルフ倶楽部のコースではグリーンに自信を持っている様子がうかがえ、利用された方から好評です。

ベントグリーンを採用しているので、年間を通して状態が良く、メンテナンスもよく行き届いています。
プレー料金は安めで、コストパフォーマンスも良いコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ