気軽に訪れることが可能である、不知火ゴルフ場

福岡県大牟田市にある不知火ゴルフ場が開場したのは、1974年のことです。
九州は多くのゴルフ場がありますが、その中にあって営業を続けている歴史のあるゴルフ場となります。
不知火ゴルフ場は、標準的な18ホールを備えていません。
敷地内にあるのは9ホールだけです。

しかし、異なるティーグラウンドとグリーンを使うことで、擬似的に18ホールを回ることが可能となっています。
そのため、18ホールを回った際の距離はトータルで6010ヤードか、6050ヤードのどちらかです。

多少の差はありますが、かなり短いということには変わりありません。
使用するグリーンによって距離に若干の差が出ます。

スコアを気にする方にとってはどちらを使用するのかをしっかし抑えておいた方が良いです。
6010ヤードの場合はパーが71、6050ヤードの場合はパーが72と、基準が一つ異なります。

距離は短めですが、高低差があり、打ち上げと打ち下ろしを苦手としている方は苦しむ可能性が高いでしょう。
しかし、どちらかと言えば、あまりゴルフに慣れていない初心者の方や、頻繁にコースに出たいという方には向いているコースです。

1ラウンド、18ホールでのプレーが可能であるとは言え、敷地内には9ホールしかないので、その分値段がかなり安く設定されています。
祝祭日であっても利用料金が10000円を越えることはありません。

この低料金は大きな利点です。
利用料金は格安なので、コストパフォーマンスの面で特に優れています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ