富山の市内から近い、富山カントリークラブ

富山県富山市にある富山カントリークラブは、市内の中心部から20分程度とアクセス面では抜群に優れていて開場は1971年と、富山県内で二番目に古いゴルフ場です。
3コース、それぞれが9ホールで構成されていて、計27ホールは鈴木源次郎氏の設計であり、3コースはそれぞれが異なる特色をプレーヤーに見せることとなります。

薬師コースと呼ばれる9ホールは、アップダウンが少なく、フェアウェイも広く取られているものの、後半に川越えがあり、ここをどう乗り切るかでスコアが左右されるでしょう。

有磯コースは林間地帯に作られており、木々が豊富に存在します。
フェアウェイは広々としており、最も打ちやすく、かつ距離も短めです。

テクニックももちろん必要とされますが、最もスコアを伸ばしやすいという特徴があります。
神通コースと呼ばれる9ホールは、フェアウェイの中に川が流れているという特徴があり、戦略性が高いコースです。

谷越え、打ち下ろしに複雑なアンジュレーションと障害となるものが多く、難易度は高めとなります。
移動は全て乗用カートですので、セルフ、多人数を問わず楽に移動が可能です。

料金は富山市内から近いということもあり、やや高めの設定となります。
しかし、セルフプレーを行う場合は平均的な数字です。

基本的には年中無休なのですが、雪が降っている場合は注意して下さい。
積雪がある場合は休場となっていますので、もし降雪がありそうなら公式ホームページで確認すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ