豊岡コースと笹井コースの二つを持つ名門の武蔵カントリークラブ

武蔵カントリークラブは埼玉県入間市にある豊岡コースと、埼玉県狭山市にある笹井コースの二つを運営しているゴルフ場です。
両者ともに1959年に開場し、また設計者も同じで、井上誠一氏が全ての設計を行っています。
この二つのコースは市町村こそ異なりますがさほど変わらない位置にあり、それぞれに18ホールとクラブハウス等の施設を持ち、この両方の施設をまとめて武蔵カントリークラブと呼んでいます。

豊岡コースはフラットで一見簡単そうに見えますが、実際に打ってみるとその難しさにうなることとなるでしょう。

前に飛ばすだけならそれほど難しくはありませんが、松林の配置、ガードバンカーの位置が絶妙で、ボールが嫌な位置に飛んで行くことも珍しくありません。

また砲台バンカーを採用しており、アンジュレーションがあるのでパッティングの難易度も高めです。
穏やかな景観とは裏腹に、難易度が高い18ホールとなります。

笹井コースは完成した当時としては珍しい、7000ヤード越えの長距離であることが最大の特徴です。

さらにガードバンカーの数が少なく、グリーンも大きめとプレーヤーにとっては優しい作りになっていますが、飛距離を含めた実力がそのまま結果として返ってくるでしょう。

この武蔵カントリークラブは名門と呼ばれているゴルフ場ですので、予約は会員しか行うことが出来ません。
またインターネットはもちろんのこと、電話での予約にも一切対応していないという特徴があります。

予約するには、会員の方が直接フロントに向かう必要があり、値段も総じて高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ