武蔵OGMゴルフクラブと名称が変更された、武蔵富士カントリー倶楽部

1990年、埼玉県比企郡鳩山町に開場と、比較的新しい部類に入る武蔵富士カントリー倶楽部ですが、2008年には武蔵OGMゴルフクラブと名前が変更されました。
株式会社鳩山レイクにより運営されきたのですが、経営が苦しくなり、2008年の初めに民事再生法の適用を申請することとなります。
この時にスポンサーとして名乗りを上げたのが、オリックスグループのオリックス・ゴルフ・マネジメントです。

そのため、現在でも公式ホームページはオリックス・ゴルフ・マネジメント内にあります。

このゴルフ場を利用する場合は、オリックス・ゴルフ・マネジメントに登録しておくとインターネットからの予約が可能であり、快適に利用出来るでしょう。
埼玉県にあるので、アクセスの面では非常に優れています。

自動車を利用する場合は、関越自動車道の鶴ヶ島インターチェンジか坂戸西スマートインターチェンジで下りて下さい。

鶴ヶ島インターチェンジよりおよそ10km、約20分の距離、坂戸西スマートインターチェンジよりおよそ6km、約10分の距離です。
最寄り駅は東武東上線の坂戸駅です。

電車で向かう場合はこの駅に向かって下さい。
坂戸駅から武蔵OGMゴルフクラブに向けてクラブバスが運行されており、およそ15分で到着します。

安田幸吉氏、川村四郎氏の両名により設計された18ホールは、オーソドックスな作りで打ちやすいので初心者の方でも楽しめます。
上級者の方は戦略を練ってプレーすることが可能なので、万人向けのコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ