舞鶴カントリークラブは宿泊施設にも力を入れているゴルフ場

舞鶴カントリークラブは、広大な敷地内に全27ホールと、宿泊施設を備えていることが最大の特徴です。
住所は京都府舞鶴市ですが、敷地の一部は福井県高浜町にまたがっています。
青葉山を南東に望むことができるので、景観は抜群です。
そして北側には若狭湾を望むことが出来る、リゾート地と呼ぶのに相応しい土地と言えます。

宿泊施設は使わない、ゴルフ場単体での利用ももちろんでき、ビジター、セルフプレーで平日の場合の利用料金は9740円です。
同条件で土日祝の場合の利用料金は12850円となります。

宿泊施設もあり、広大な敷地を持っている割には値段は抑えられていると言えるでしょう。
しかし、宿泊施設としての面を大きく打ち出しているだけのことはあり、ロッジの利用者が最もお得にプレーすることが可能です。

ホテルゲストの場合の利用料金は平日で8900円、土日祝で11900円となっています。
いわゆる宿泊プランといったものは用意されていませんが、宿泊施設の利用者の方が安くラウンドすることが可能です。

舞鶴カントリークラブのコースには、鶴の名前がつけられており、たんちょうコース、まなづるコース、かんむりコースのそれぞれが9ホールで構成されています。

景観に差があり、まなづるコースは若狭湾を見下ろすことができます。
たんちょうコースは青葉山の稜線を望めます。

どのコースも、高低差や障害物が有り、飛距離より正確なショットが求められるので、難易度は高めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ