27ホールと多く楽しめる柳井カントリー倶楽部

山口県柳井市にある柳井カントリー倶楽部の最大の特徴は27ホールあるというところでしょう。
多くのゴルフ場は18ホールが基本となっています。
そんな中で27ホールもゴルフを楽しむことができるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

その柳井カントリー倶楽部のサービスが開始されたのは1974年と歴史があり、中国地方の中でも安定感のあるゴルフ場の一つです。

松山桂司が設計したコースの特徴としては、フラットで打ちごたえのある作りになっていることとなります。
地形自体がなだらかですので、フラットになるのは当然ですが、そこをメリットとして確立するためか、フェアウェイが広く作られています。

その為、利用者は気持ちよくボールを飛ばすことができます。
もちろんそれだけではただの単調なコースになりかねませんが、池などが効果的に配置されていますのでめりはりがついています。

また料金についてもサービス精神が表れており、お客様感謝デーなど割引サービスが頻繁に行われているのが特徴となります。
その為、値段が一定していないというデメリットもあることはありますが、利用を考えていらっしゃる方は是非インターネットで調べてみて下さい。

もちろんインターネットからの予約も対応しています。

値段ははっきりしない部分も大きいですが、平日なら1万円かからないことが多くなっており、祝日でも1万円代の前半でプレーすることが可能となっています。

安めのところをお探しの方は是非検討してみて下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ