樹木に囲まれた大自然の中でプレイを満喫できるつつじヶ丘カントリー倶楽部

つつじヶ丘カントリー倶楽部は、栃木県の足利市にあるゴルフ場で、数多くの文化遺産が残された東の京都と呼ばれるくらいに、歴史と伝統のある街に開設されています。
近年になってからは、北関東自動車道も開通されたために、太田桐生インターチェンジからゴルフ場までは5キロ程なので、車で10分もかからず随分とアクセスし易くなっています。

このゴルフ場は、足利市の郊外の山手に当たるために、自然の樹木や起伏など土地柄を最大限に利用したコース設計です。

とくに樹齢が300年にも及ぶ本霧島つつじが、このゴルフ場の特徴となっており、その他30種類20万本ものつつじ群や四季折々の景観が楽しいゴルフを約束してくれるでしょう。

全部で18ホールからなるコースは、優雅でありながらも、スリリングで戦略性あふれるコースとなっています。

普段都会に暮らしている方や仕事に追われる日々を過ごしている方にとっては、樹木に囲まれた大自然の中で、爽快なゴルフ三昧の1日を満喫することが可能です。

またゴルフ場に建てられたクラブハウスは、日本瓦葺の屋根を持った格調高い仕上がりとなっており、甍文化賞を受賞しています。

そしてクラブハウス内に一歩足を踏み入れると、美術館をイメージした落ち付きのある内部の設計となっており、しかも、吹き抜けのある渡り廊下の部分は、まるでチャペルを連想してしまうようなラグジュアリーな空間を演出しています。

その他、このクラブハウス一押しの日本庭園は、大小の滝が流れていたり、四季折々の花が咲き乱れており、こうした美しい優雅な景色をレストランで食事をしながら眺めることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:日本のゴルフ場

このページの先頭へ