ロイズコーポレーションカップは、チャレンジツアー福岡ラウンド2戦目

ロイズコーポレーションカップは、正式にはロイズコーポレーションカップ in 福岡雷山といい、名前の通り、福岡を舞台にしたチャレンジツアーの一つです。
このツアーから将来有望な若手が現われることから、チャレンジと銘打っていますが、ベテランも参加をすることで、男子ツアーへの参加を目指している人もいます。

多くのものにチャンスを与えることからも、このトーナメントは、ゴルファーからも注目度が高く、熱心なゴルフファンにとっては未来のスターを身近で見られる機会となることから、人気もあります。

そして福岡では大きな大会が少ないことからも、プロのテクニックを間近で見ることができるとあって、多くの観客も集まります。

2013年は安定したゴルフを展開したK・T・ゴンが通算14アンダーでフィニッシュして、森本雄とのプレーオフを制して優勝を飾ります。
彼はLANDIC VanaH杯 KBCオーガスタ・チャレンジから続いてツアー2勝目となり、これからの台風の目となっていきます。

そして彼はこの勝利に関して、嬉しいとシンプルに語っており、前のツアー体会でプレーオフにより敗退していた悔しさをバネに頑張った結果、優勝という素晴らしいものを残せました。

好調さを維持した彼のプレーぶりは、今後のツアーやゴルフ会での注目度を高め、この勝利でこの段階で賞金ランキングもトップになり、賞金王も見えてきたとあって、ますます注目が集まったのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ