新人育成のトーナメント、NovilCupから、新たなトッププロが現われる

NovilCupは、ジャパンゴルフツアー チャレンジトーナメントの一つとして行われています。
4月の上旬に3日間で争われます。
賞金総額は1,500万円で、優勝賞金は270万円になります。
コースは徳島県のJクラシックゴルフクラブです。

このコースはロングヒッターでなくても、プレーしやすいように作られていて、フェアウェイが見やすく作られていて、ランディングエリアは完全に見えるようになっています。

そのため、自分の力を発揮しやすく、攻めの姿勢のゴルフが楽しむことができます。
また難易度も多彩で、あらゆる戦略を駆使して戦うことになります。

日本ゴルフツアー機構が主催するチャレンジツアーの一つですが、一番の特徴は徳島県で唯一のプロゴルフ公式トーナメントであるということです。
そのため徳島のゴルフファンにとっては年に一度の機会ともあって、大きな盛り上がりを見せます。

初開催されたのは2007年度で、シンクス・ノヴィルカップという名前でしたが、今のようになったのは2008年からです。

若手プロゴルファーの育成を主旨に開催されるチャレンジツアーの中では、異例とも言える観客動員数を集めていて、徳島のゴルフ熱の高さをうかがい知ることができます。

歴代優勝者には片山晋吾や田中秀道、深堀圭一郎、手嶋多一、佐藤信人、細川和彦、矢野東、 S.K.ホ、など、今も国内トーナメントで一戦を戦う選手が多いことから、将来のトッププロがこの大会から現われることも予想される点でも注目度が高い大会になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ