ミャンマーで行われるアジアンツアーの一戦、ゼイカバーミャンマーオープン

ゼイカバーミャンマーオープンは、アジアンツアーの一つです。
アジアンツアーとは、急速にその勢力を拡大してきており、日本人もシーズンオフに参加することが多々あるのでなじみが深いものでしょう。
ただし最近は、「ワンアジアツアー」と言う別のツアーと対立の図式を持っており、アジアンツアーのメンバーがワンアジアツアーに参加すると、罰金が科せられるなどのペナルティが設けられたりして、ゴルフ業界において勢力争いが起こってしまっています。

このため、存続や盛り上がりなどが、先行き不透明な状態になっているのです。
2012年のゼイカバーミャンマーオープンは、ロイヤル・ミンガラドンGCで行われました。

3日間首位に立っていたスコット・ヘンドは、調子を落として14アンダーフィニッシュし、その代わりに台頭してきたのが、アダム・ブライズ、キーラン・プラット、キラデク・アフィバーンラトの3選手です。

優勝争いはこの3選手に絞られて、最終的にはプレーオフにもつれ込む接戦となりました。
そして、キーラン・プラットがプレーオフで勝利を収めました。

日本人では、通算12アンダー、11位タイで井上信と市原弘大がフィニッシュをし、ディフェンディングチャンピオンだった平塚哲二は、20位タイで終わっています。

日本人選手も多く出場して成績も残している大会なのですが、ツアー同士の対立や、運営が定まっていないことから、国内や世界での注目度は低くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ