メジャーを翌週に控えているアバディーンアセットマネジメント スコットランドオープン

ゴルフのツアーは、日程が一定していないことも多く、月単位で移動することも珍しくありません。
そんな中、欧州ツアーの一つであるアバディーンアセットマネジメント スコットランドオープンは7月中旬であると定められています。
もっと言えば、全英オープンの前週に行われるのが毎年恒例です。
賞金総額は250万ポンドとなっています。

開催ゴルフ場は、2011年まではロック・ロモンドでしたが、2012年からはキャッスル・スチュアートゴルフリンクスが開催場所に選ばれました。

その歴史は古く、1972年に第一回が開催されるなど、伝統のある一戦です。
やはり最大の見所は、翌週に全英オープンを控えた選手の、恐らく最後となるであろう調整でしょう。

選手の多くは、翌週を見据えていると思われますので、アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープンでは全力を出さない可能性もあります。
白熱の戦いになればいいぐらいの心構えで見るのが良いのではないでしょうか。

近年の舞台となっているキャッスル・スチュアートゴルフリンクスは、ツアーとは異なりかなり新しいゴルフ場となり、オープンは2009年となります。
しかしオープン後僅か3年弱で、アバディーンアセットマネジメント スコットランドオープンが開かれるようになるなど、成長著しいゴルフ場です。

その18ホールは、スコットランドのゴルフ場の代表的な特徴である、リンクスコースとなっています。
海岸線沿いの雄大な景観も見所となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ