景観も楽しめるパシフィックリンクスハワイ選手権

パシフィックリンクスハワイ選手権は文字通り、アメリカのハワイ州、カポレイGCで行われているシニアツアーとなります。
ハワイと言えば、日本人もよく海外旅行でお世話になるところの一つと言えるでしょう。
その為、日本人でも比較的プレイしやすい海外のゴルフ場となります。

パシフィックリンクスハワイ選手権の他に、ハワイアンレディースオープンの開催地としても知られているので、ゴルフファンの方ならご存知の方も多いかと思われます。

そんなところで打つと料金も高くなりそうとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、値段は16000円から17000円と、海外でゴルフを楽しむにしてはリーズナブルな料金です。

テッド・ロビンソン氏設計の18ホールは、ブラインドホールが全くないことが最大の特徴です。
そして池を始めとした水の多さも見逃せません。

この池は、実際にプレイする際には強敵となり、プロも苦しめますが、景観という意味では世界でも群を抜いて美しいホールです。
そんなカポレイGCでパシフィックリンクスハワイ選手権は行われていますが、2012年よりチャンピオンズツアーに加わった新しいツアーです。

まだデータが少ない為、はっきりしたことは言えませんが、開催時期は9月の中旬のようです。
賞金総額は180万ドルと、始まったばかりのツアーとしては妥当な値段と言えます。

日本人にとっては、恐らく最も馴染みの深いコースで、実際に打たれた方も多いかと思われますので試合にも注目してみてはいかがでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ