ステーシー・ルイス躍進の鍵となった、モービルベイLPGAクラシック

モービルベイLPGAクラシックは2008年からスタートした比較的新しい大会です。
また開催から一年後の2009年には行われないなどトラブルもあり、さらに2011年は「アブネットLPGAクラシック」と言う名前で開催されていたこともあり、毎年安定して開催されていない大会でもあります。

モービルベイLPGAクラシックの開催コースはアラバマ州のRTJゴルフトレイルで、またこの大会で記憶に深い出来事といえば、2012年のステーシー・ルイスの優勝です。

このステーシー・ルイスの優勝は、レクシー・トンプソンの激しいチャージを振り切っての優勝であり、それがきっかけで彼女の大活躍が始まったとも言われています。

今や、世界ランキング1位の彼女ですが、その快進撃のスタート地点は、モービルベイLPGAクラシックから始まったと言うことができます。
2013年大会は5月に行われていて、ジェニファー・ジョンソンが勝利を飾っています。

彼女はプロに転向したのが2010年であり、この勝利がLPGA初勝利となっています。

昨年度は23試合中の20試合で予選を通過していて、賞金ランクも50位とデビューしたてとは思えない好成績を残していることから、ステーシー・ルイス同様にこの大会の優勝が、彼女の躍進のきっかけになるのではとも言われています。

日本人勢の活躍としては、有村智恵が、5バーディ、1ボギーの通算11アンダーで22位タイでフィニッシュしています。

また、片平光紀はこの大会でシーズン初めての予選通過を果たしていますが、49位タイで終わっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ