LPGAロッテ選手権は日本でおなじみのロッテがスポンサー

日本でもよく知られている、韓国のお菓子メーカー、ロッテがスポンサーになっている大会がLPGAロッテ選手権です。
ロッテがスポンサーとなっていますが、開催地はハワイで、その歴史は浅く 2012年に始まったばかりです。
コースは、ハワイ州のコオリナGCとなっており、また2013年はLPGAツアーの第7戦になっています。

そして、初開催の2012年の優勝者は日本の宮里藍です。
2位に4打差という堅実なプレーで圧倒的実力を示して、初代女王になりました。

そして、宮里藍はディフェンディングチャンピオンとして、2013年大会に臨むことになりましたが、最終日首位にに3打差と好位置をキープしていた宮里ですが、前半にボギーを叩き、後半バーディーを出すもののカバーしきれず、荒れたゴルフとなってしまい、大きくスコアを伸ばすことはできませんでした。

連覇が期待された宮里ですが、最終的には「72」でフィニッシュして、6位タイに沈みました。
また、他の日本人選手としては宮里美香が、53位タイで終わっています。

優勝を飾ったのは、ノルウェーのスーザン・ペターセンで、最終日から単独首位をマークで好調をキープしていましたが、最終ホールでボギーを叩き、それまで守ってきた首位にリゼット・サラスが並びます。

リゼット・サラスは、最終日イーグルと5連続バーディーの猛チャージで、すばらしい追い上げを見せ、ついに最終ホールで首位に追いつくドラマチックな展開を見せます。

そして、勝負の結果はプレーオフへもつれ込み、スーザン・ペターセンがプレーオフを1ホールで決めて、優勝を飾ります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ