変則的なスコア方式で争う、リノタホオープン

リノタホオープンは1999年にスタートした比較的新しい男子ツアーのトーナメントです。
日本では、2006年に宮里優作が、同一ラウンドで2度のホールインワンを決めたことでも話題になりました。
2010年までは「全英オープン」と同週に開催されていましたが、2011年からは、「WGCブリヂストンインビテーショナル」の開催時期と重なるようになりました。

そして、その開催時期からWGCに参加できない下位選手が多数参戦するため「WGCブリヂストンインビテーショナル」の裏トーナメントという顔も持っています。

リノタホオープンの一番の特徴は2012年にモディファイド・ステーブルフォード方式という、変則的なスコアが採用されたこと。
これは、通常とは違い、ストロークではなく、ホールごとにスコアを獲得していって、その総合点で争う方式です。

ダブルイーグルは8点、イーグルが5点、バーディーが2点、パーならば0点。
そして、ボギーがマイナス1点で、ダブルボギー以下ならばマイナス3点で計算されます。

この方式の面白い点は、ボギーを叩いてしまったとしても、バーディーを一つとればプラスになると言うもの。

通常の方式ならば、プラスマイナス0になります。
これによって、バーディーとボギーの重要性がまったく違うものになり、積極的にバーディーをとっていく戦略、攻めのゴルフが勝負の鍵になります。

上位選手の出場があまりないリノタホオープンですが、この変則的な、モディファイド・ステーブルフォード方式のおかげで、通常では考えられない攻めの姿勢のゴルフと、逆転劇が演出される見応えのある大会になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ