実績のあるコースでのプエルトリコオープン

プエルトリコオープンは、ゴルフ世界選手権である「キャデラック選手権」と同じ週に開催される大会となっています。
大会は2008年からスタートしました。その名の通り、開催地はアメリカではなく、プエルトリコのトランプインターナショナルGCで行われます。
近年では日本人選手の活躍も目立ち、米ツアーシード権獲得に関わる大会となります。
日程は3月のはじめの4日間です。

会場となっているトランプインターナショナルGCについては、世界クラスのプエルトリコのゴルフリゾートで、ルイス・ムニョス・マリン国際空港から30分という立地です。

古風な趣を有するリオグランデの町にあり、周辺にはエルユンケ国立熱帯雨林やサンフアンなどがあります。
クラブはリゾート地であり、周辺施設も充実しているので、1000エーカーにも及ぶ大西洋の壮大な景色を楽しむことができるでしょう。

ゴルフコースの詳細を見ていくと、どのようなゴルフ選手権にも対応可能な、戦略性の高い36ホールのコースに設計されています。
特筆すべきは、プエルトリコの壮大な熱帯環境、その真っ只中に設定された、非常にユニークな4つのナインホールです。

こちらは本大会を始めとして、数多くの名門ゴルフ大会を開催した実績があります。

チャンピオンシップコースと国際コースがあり、両方のコースを合わせて全36ホールですが、本大会はチャンピオンコースにて開催されます。

全長は7500ヤードを超えるシーサイドコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ