日韓女子プロゴルフ対抗戦とは日本と韓国で交互に開催される大会

日韓女子プロゴルフ対抗戦は日本と韓国の女子プロゴルフツアーの代表選手による対抗戦となります。
日韓で各12名、計24名による対抗戦であり、毎年12月第1週において、日本と韓国で交互に開催される大会です。
日韓女子プロゴルフ対抗戦は通称であり、日本で開催する場合には特別協賛の京楽産業の名を冠して「KYORAKU CUP」、韓国で開催する場合はKBフィナンシャルグループの名を冠して「KBフィナンシャルグループカップ」として開催されます。

賞金総額は6150万円で、その内訳は優勝チーム3900万円、敗戦チーム2250万円です。
競技方法については、各日12名ずつ、1対1のシングルスの18ホールストロークプレーが行われます。

1組ごとに勝てば2点、引き分けで1点、敗戦だと0点といった採点方式をとっています。
2日間合計のポイントで争われますが、同点の場合にはプレーオフは行われます。

歴代の勝敗については、日本3勝、韓国5勝となってます。
2011年、2013年と、近年は開催予定地であるタイの洪水のほか、主催者の都合などにより中止が目立ちます。

開催コースについては、毎年変化します。

ここでは、かつて大会が行われたコースの一つである、琉球ゴルフ倶楽部について見ていきましょう。
琉球ゴルフ倶楽部は27ホールのコースを有し、アメリカンタイプのトーナメントコースとなっています。

敷地は洪大であり、東西と南にわけられており、変化と起伏に富んでいるといった特徴をもっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ