ニチレイレディスは有力選手が集い合うトーナメント

ニチレイレディスは、株式会社ニチレイが主催する女子プロゴルフトーナメントのひとつ。
日本ゴルフ協会や日本ゴルフトーナメント振興協会、千葉市やテレビ東京などが後援しており、その他さまざまな企業が協力、協賛しています。
賞金総額は8,000万円で、優勝賞金は1,440万円。
出場人数は100名前後となっています。
チケット料金は前売りセット券が5,000円で、3名分の利用ができるというお得なチケットです。

前売り1日券は2,000円で販売されており、当日券は会場で2,500円で購入できます。
高校生以下は無料ですが、成人の同伴者が必要ですので気をつけて下さい。

第1回の開催は1998年で、2005年まで「アピタ・サークルK・サンクスレディス」という名称でユーグリーン中津川ゴルフ倶楽部を会場として開催されました。

その後2006年に一度現在の名称である「ニチレイレディス」として美浦ゴルフ倶楽部で開催され、翌2007年から2009年までは「ニチレイPGMレディス」として同じく美浦ゴルフ倶楽部で開催されました。

2010年からは現在の名称である「ニチレイレディス」で、袖ヶ浦カンツリークラブ新袖コースで開催されています。

その袖ヶ浦カンツリークラブ新袖コースは、丘陵と林間が混ざり合って設計されており、変化に飛んでいる上に谷や池超えなどの障害物も多いので、かなりのテクニックを要するコースです。

それゆえにプレーを楽しむ人々はキャリアを積んだベテランが多く、スタッフの年齢層も高めなので、落ち着いて紳士的なゴルフを楽しめるとベテランのプレイヤーからかなり人気が高いコースです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ