規模の大きな三井住友VISA太平洋マスターズトーナメント

三井住友VISA太平洋マスターズは、三井住友VISAカードとTBSテレビが主催のゴルフトーナメントです。
VJAや三井住友銀行、SMBCなど多くの企業が協賛し、各ゴルフ協会や団体など多くの企業が後援しています。
賞金総額は1億5千万円、優勝賞金は3千万円で、プロ、アマどちらも参加可能なトーナメントとなっています。

賞金はプロのみの受取りになりますが、ホールインワン賞の賞金300万円は、アマチュア選手も受け取ることができるそうです。
こちらの大会は歴史が古く、第1回目は1972年に開催されました。

その当時から太平洋クラブ御殿場コースを会場としており、変更になったことはありません。
会場となっている太平洋クラブ御殿場コースは丘陵&林間コースで、豊富な樹木で各ホールをしきっています。

池やドッグレッグも多く正確性のあるショットが求められますが、全体的に平坦な地に設計されていることもあり、さまざまな層のプレイヤーに楽しんでいただけるコースとなっています。

コースメンテナンスもしっかり行われているほか、グリーンの状態も良好であることからプレーしやすいと人気のこちらのコースは、繁忙期よりも空いている日に訪れるほうがよりコースの良さを味わえます。

ゴルフ歴20年以上のベテランの方も、1年未満の方も楽しんでプレーできるので、親子やご家族で訪れるのもよいですね。

有名なゴルフ選手が活躍したゴルフ場としても有名ですので、そういったコースでプレーするというだけでもかなりの充実感が味わえるのでは。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフトーナメント

このページの先頭へ