ワッグルによるショットを打つ前の素振りの必要性

ワッグルとは、ゴルフにおける素振りの事です。
ゴルフ場でプレーを行う際には、ボールの前で簡単な素振りを行います。
アドレスと呼ばれるゴルフボールを打つ構えをとり、どのような力加減で、どの方向性で打つのか頭の中でイメージをしながら素振りを行います。
これによって、スイングを行う感覚を掴むことができるので、それをプレーに活かしてスーパーショットを生むことも可能で、スコアを伸ばすこともできます。

しかし、ワッグルの行いすぎには注意が必要です。
ゴルフプレーヤーの中には慎重になり過ぎて素振りをやり過ぎる場合があります。
目的としては体をショットに備える練習であり、ショットのイメージを掴むために行われています。

そのため、素振りをやり過ぎたことで丁度いい感覚が狂ってしまう恐れなどもあり、誤ったイメージを生み出してしまう要因にもなります。
このことから、素振りは1、2回程度で十分だと言われています。

ちなみにプロゴルフプレーヤーの中には、余計なイメージを生み出してしまうことを嫌がって、素振りを行わずにいきなり本打ちに入る人もいます。

ワッグルの必要性は各個人によって異なっており、レッスンにおいても、ゴルフ講師によっては反対の立場から教えない場合などもあります。

実際にプレーを行う上で自信がない場合には、イメージを作るために、また力加減を調整するために行ってもいいでしょう。

これはスコアを伸ばすための手段の1つに過ぎないものであり、良いプレーをする場合に必要なものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ