レイトヒットによるインパクトのあるスイング

レイトヒットとは、ゴルフのスイングにおいて、振り遅れという意味がある打ち方になります。
通常のスイングの場合には、左腕とゴルフクラブを直線になるように構えているので、ボールを打つ際にはボール上でグリップとクラブヘッドが直線上の位置に来ています。
しかし、レイトヒットの場合にはボールを打つ際にボール上で先にグリップが来るので、クラブヘッドは遅れている状態になるのです。

つまり、左腕とゴルフクラブが直線上の位置にならずにグリップの握り方も力を入れることができるので、レイトヒットを行うとクラブヘッドのスピードを増すことが可能になります。

これによって、ミドルホールやロングホールなど飛距離を伸ばしたいホールで使用することで、通常のスイングよりも力を込めて打つことが可能になり、飛距離などもグイグイ伸ばすことが可能になるわけです。

スイングの最中には体の重心移動なども重要であり、スイングの際に肩をあまり開かずに閉じたまま腰がスライドを行うので、パワーを貯めるための間が生まれるのです。

そのため、通常のスイングとは異なる打ち方になるので、高度なテクニックとも呼ばれており、インパクトのあるショットを生み出すことができます。

しかし、デメリット面も存在しており、慣れていない場合には、壮大なパワーを持つショットの代わりにコントロールを失うことになり、目的の飛ばす位置よりもズレてしまう場合が発生します。

そのため、練習を行い、通常のスイングと異なる性質があることを理解しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ