リンクスコースによる特徴と自然が生み出したバンカー

リンクスコースとは海岸沿いに設置されたゴルフコースであり、元々はスコットランドにある海岸に設置されていました。
海岸にあることから耕作に適さない土地であり、海岸沿いからの強風などの影響で植物が育ちにくいエリアと言えます。

そこにゴルフコースを作ったことが始まりであり、樹木などが育ちにくく、海岸沿いからの強風で砂なども飛ばされていることから、地面にはポットバンカーと呼ばれる通常のバンカーよりも小さく、深いサイズのバンカーなどが自然によって生まれました。

そのため、植物が育ちにくいゴルフコースになるので、樹木などがそびえ立つことなく一面を見渡せることができますが、地面などは自然が生み出したバンカーから、安定していない育ち方をした芝など、人の手が加えられてない自然を体感することができます。

また、海岸沿いに設置されていることから、海岸沿いからの強風もゴルフのプレーを左右させる要素であり、共有によって飛ばしたボールが風に流されやすいのもリンクスコースの特徴とも言えます。

現在でのリンクスコースはスコットランド以外にも設置されており、近くに海がない場所などにも設置されています。

そのため、用語の意味も変化しており、通常のコースよりも木が少なく林などが存在しない、立体的な障害物が存在しないホールのことを指す言葉として使われています。

スコットランドのような自然が生み出したホールとは異なるので、プレーを行う際にはこの違いを理解しておきたいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ