指を中心に持つフィンガーグリップのポイントは3本の指

フィンガーグリップは、グリップするときに指の方を中心にする持ち方です。
握り方ではなくどちらが中心になっているかということですので、自分がクラブを持ったときに、クラブのシャフトが手のひらを中心にしているのか、それとも指の方に近くなっているかで判断することができます。
初心者はなかなか指で握るフィンガーグリップを使うことができなく、それは手のひらの方がより安定して固定できるような感じがしてしまうからです。

ただし、実際にクラブでコントロールをするために繊細なショットをしようとすると、指のような繊細な動きができる場所で握っていなければ、かなり難しくなってしまいます。

さらに、手のひらで握ってしまっていると、フェースが開きやすくなってしまうという事もあり、スライスが出てしまいます。
初心者でスライスに悩んでいる人は、一度指を意識してフィンガーグリップに変えるようにしてください。

それで突然直るということだってありえます。
そして、自分ができているかをチェックすることは、実に簡単です。

左手のグリップはできているのならば、小指から中指の3本だけで支えることができます。
この3本で握れていないようならば、それはパームグリップになっている証拠です。

もしもそれができないようならば、できるような持ち方に換えてください。
小指から中指の3本を意識して握れば、それほど難しいことではありません。

初めは違和感があるかもしれませんが、これを意識することでスイングが上達します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ