バンカーショットは、脱出するときのルールにも注意が必要

ゴルフの代表的な障害の一つ、バンカーからの脱出のためにはバンカーショットをしなければなりません。
これが上手くいくか否かでスコアは大きく変わってきますし、脱出したときにどうやってリカバリーするかということは、腕の見せ所です。
バンカーショットには専用のクラブである、サンドウェッジを使うことになります。

ゴルフのルールによると、どのクラブを使っても問題はないのですが、サンドウェッジを使わなければうまく打つことはできません。

バンカーは砂になっていて、そこのあるボールを打つということは、通常のショットとはまったく違います。
特化したクラブでなければ、まったくボールが飛ばないどころか、クラブを傷めてしまうことにもなりかねません。

そしてショットですから、フェースを利用してすくい上げるようなプレーは禁止されています。
あくまで、ボールを打たなければなりません。

また、この場所には独特な規定が設けられていて、打つ前にクラブが砂に触れてしまったらペナルティーとして2打の罰則になります。
また、アドレス時であってもそれは同じで、ボールがバンカーにあるうちには絶対にショット以外は地面につけてはなりません。

もしも打ったボールが脱出をできず、砂地に戻ってきてしまって、悔しくてクラブを叩き付けたら、それは接触と見なされて罰則になるのです。

こういった扱いは他の場所では見られないので、バンカーショットの時は特に気をつけなくてはペナルティーでも大きくスコアを落としてしまうことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ