手のひらを中心にしてクラブを握る方法、パームグリップ

パームグリップはグリップの種類の一つで、フィンガーグリップと比較されることがあります。
パームとは手のひらのことでフィンガーとは指のことですから、手のひらか指かを中心に握っていく、この二つは、グリップを考える上での選択肢になります。
手のひらのグリップの方は、初心者は気づかないうちにやってしまう握り方です。

欠点があって、手首の動きが使いにくくなってしまうということと、スライスが出やすいということはあります。

また、指ではなく手のひらを使って握ってしまっているので、繊細な操作をすることができなくなり、思ったようなショットを打てなくなってしまう可能性が出てきます。

そして初心者に多いスライスも、これが原因になっているということも考えられることがあり、あまり良いものではないとされています。

ただし、これをしてはいけないというわけではなく、握りやすい方法で握るのが一番ですが、手首の動きやスライスの癖などがグリップによるものだったら、そのままにしていてはいけません。

まずは両方の持ち方を試してみて、自分に合った方を見つけましょう。

また、パームグリップになっているかの基準は手のひらにどこまでクラブがついているかということですから、指側に寄っていればフィンガーの方になっています。

手のひらの中央を通っているようなら、パームだと思ってください。
これは感覚的な部分もありますから、その中間気味で握っているという人もいるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ