方向性と距離感を守れば、パッティング成功率は格段に上がる

グリーン上で最後に決めるパッティングですが、これには大きな要素として二つ挙げられます。
それが距離感と方向性です。
この二つなしにして、カップインはできないでしょう。
それぞれに重要なポイントがありますから、基本を抑えて正しいパッティングをすれば、成功率は格段に上がってきます。

まず、距離感はパターのストロークで決定します。
手首などで打ってしまったら、それは間違ったパターの使い方なのです。

手首はがっちりと固定してストロークした距離で、転がる長さを決定するように練習しておけば、常に同じ距離を再現することができます。
さらにミートする位置も常に同じにして、どんな状況においても同じ強さで打てるようにしておけば、あらゆる状況への対応が可能です。

そして、方向性は芝を読むことで成立します。
どういった芝の性質で、どちらへ曲がっていくのか。

そして、傾いているのはどちらか、それらの要素が複雑に方向に絡んでくるのですが、強めのパットをすることである程度は無視をすることができます。

ただし、強めに打つということはそれだけオーバーしてしまう危険性もあるので、ある程度のラインを読む能力は必要です。
一番大切なのは、傾斜とその芝がボールが転がりやすいか、止まりやすいかです。

この二つを正確にしっかりと意識しておくことで、パットの成功率は格段に上がります。
また、パターにもいろいろと種類がありますから、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ