上半身のひねりを力に変える、バックスイング

バックスイングはインパクトのための準備と言えます。
つまりこの動作を正確に行うことによって、これからのスイングの成功率が高まることも意味しています。
さらに、バックスイングを正しく行うことによって、上半身のひねりのパワーをスイングに乗せることができ、飛距離も上がるようになります。
ポイントとしては、ヒジからグリップまでの距離を変えないように後ろにもっていくことです。

そして、後ろに振りながら、徐々にグリップをカラダの中心から離していくようにし、最終的には左腕が延びるようにしていきます。
この時それほど腕力は必要としないように、カラダの上半身をひねるようにしてください。

もしもそれで、力が足りないということがあるのならば、クラブが自分にとって重すぎるかもしれません。
自然とバックスイングができないようならば、それを目安にしてクラブを換えてみてください。

また、別のポイントとしては右足を軸にして、一切動かさないということがあります。
この足を起点としてカラダをひねるようにすればスムーズにカラダが運びます。

そして十分にカラダをひねったというところが、限界のポイントとなりますから、そこで止めるようにしてください。
自分の柔軟性も関係してきますから、お手本通りの位置でなくても構いません。

目安としては、あごが左肩にかぶるような位置までできるようにしてください。

もちろん、あくまで目安ですから、カラダがひねられているのならば、十分にパワーを乗せることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ