年々低くなっていくバックスイングの頂点、トップスイング

トップスイングはトップオブスイングとも呼ばれていて、テイクバックしたときの切り返し地点であり、バックスイングの頂点でもあります。
この位置から振り下ろしていくわけですから、スイングの位置エネルギーを貯めておくための基準となります。
一般的にこれが高ければ高いほどエネルギーは高くなって、飛距離を出す速いスイングが可能となるのですが、その分クラブのコントロールが難しくなってしまいますから、自分に適した制御できる範囲でなければなりません。

一般的には、この高さはクラブシャフトと地面が平行になるくらいの高さまでと言われていて、それ以上上がったらオーバースイングとなり、理論的にはあまり良くないことになっています。

また、近年はゴルフクラブの発達に伴ってそこまでヘッドスピードを上げなくても十分な飛距離が出ることから、そこまでも上げなくても良いという見方もあります。

つまり年々この位置は低くなっているということです。
そしてこれは何も理論的なことではなく、肉体的なことにも関係します。

体の柔軟性が悪い人にとっては、一般的な位置までも上げるのが難しくなってしまいます。

また、体が柔らかい人にとっては、それ以上に上げた方が力が入りやすくなって打ちやすいという人もいます。

理論はありますが、それがその人に合っているかということは分からないので、自分で練習をするときに意識的に高さを確認して、ベストな位置を探ってみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ