アルファベットと数字で表されるクラブのバランス、スイングウエート

スイングウエートとは、ゴルフクラブのバランスを表す数値です。
ゴルフクラブのバランスというのは、どれだけヘッドの重さを感じられるかということになります。
この数値が大きければ大きいほど、グリップしたときにヘッドの重みを感じることができます。
逆に軽ければ、ヘッドの重量は分かりにくくなるのです。

これを測定する方法としては、支点をグリップエンドより14インチの場所として、ヘッド側にどれだけ傾くかということで行われます。
これが14インチバランス測定法と呼ばれているものです。

そして、分類的にはアルファベットで表されます。
一番軽いものがAで、一番重いものはEとされています。

さらにそれだけではなく、アルファベットとともに0~9までの数字が付されます。
軽いものが0です。

このアルファベットと数字の組み合わせによって、細かなバランスが表記されます。
自分が今使っているクラブと同じようなヘッドの存在感があるものが欲しければ、この数値を頼りに選ぶことが可能です。

ただし、近年ではシャフトのスペックもいろいろとあって、同じバランスであっても持ったときの感触が違うということは十分に考えられますから、できる限り数値だけではなく、実際に持ってみた方がしっくりくるクラブを選んでいきましょう。

また、シャフトのしなりも重要になってくるので、今と同じ感覚のものが欲しければスイングウエートだけではなく、シャフトの材質や太さも重要な要素になってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ