難所からの脱出には欠かせないカットショット

カットショットとは、スライスボールを打つショットのことです。
単にスライスを打つのではなく、名前のようにボールを切るようにして打つので、回転があまりかからず、ランがない打球となります。
フェイスを開いて打つことになるので、フェイスにどんぴしゃで乗せてしまうとスライスになってしまうので、難易度が高いショットでもあります。

ただし、ある程度このショットが利用できるようになれば、距離と方向の調整がスイングの力に左右されず、フェイスの開き具合でコントロールも可能となってくるので、アプローチにはとても便利なものです。

またカットショットは、ボールが沈んでスイートスポットにヒットできないときであっても問題なく打てることから、さまざまなシチュエーションに対応するのならば、必須のテクニックとも言えます。

カットショットはオープンフェイスで打つことからスライスの特徴が出ます。
初心者の人はひょっとしたら無意識にやってしまっているかもしれません。
ただし、一番の違いは方向性と距離感です。

これを正確に打つには、意識してスライスを打つということが必要です。
一番のコツはクラブヘッドのリリースをやや遅らせて、十分にフェイスを当てるということになります。

この時フィニッシュでは手首を返さず、低めに終わっていきます。
そうすれば、カットしやすくなり、普通の打ち方とはかなりの違いがあります。

意識してスイングすることが上達への近道です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ