習得すればパッティングの強い味方になる、オーバースピン

オーバースピンとは、打球を打ったときにかかるスピンのことで順方向にかかっています。
バックスピンとは異なり、打球が落ちたあとにボールが止まってしまうわけではなく、その回転の力によってランの距離が伸びます。
またアプローチショットなどで芝目に影響されることも少なくなり、狙った方向へとボールを導きやすくなるので、トッププロの間ではよく使用されている打ち方です。

ただし、素人が使いこなすには少し難易度が高いと言われます。
特にこういったショットはグリーンでのパッティングによく使われていて、芝目に影響されずにまっすぐに打つことで方向性が良くなります。

多少の傾斜であればこのスピンの力で乗り越えていってしまうことから、難しいグリーンではこれを使えるかどうかで攻略の難易度が変わってきます。

実際にオーバースピンをかけるためには、ボールのやや上を打つことになりますが、それではスイートスポットにヒットすることはなく、その打ち方で方向性を整えるにはかなりのテクニックが必要とされます。

さらに、人によってパッティングの癖があるので、まずは自分の打った球にスピンがかかっているようならば、その打ち方を改良して行くことが大切です。

そして、距離感が良くなり、芝目の影響を受けないようなら、もしも無理にオーバースピンを意識しすぎてインができなくなったら意味がありません。

思うようにコントロール出来ると利点が確実に実感できるようになるまでは、あまり使用しない方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ