読み切れなかったパットはアマチュアサイドと言われる

アマチュアサイドとは、パッティングのときに読み切れなかったラインのことを言います。
傾斜のあるグリーンで芝を読み切れないときは、パットしたあとのボールの軌道は落ちていってしまうことが多々見られて、その落ちていくラインのことがアマチュアサイドと呼ばれているのです。
なぜアマチュアと付いているかと言うと、アマチュアゴルファーはパットのときによく読み切ることができないということがあり、実際にこうなってしまうことからです。

もちろんプロであってもこのラインを通ってしまうことはありますから、そのときもアマチュアと呼びます。
それとは反対に読みすぎてしまうということも考えられます。

そしてこれはプロサイド、プロラインと呼ばれています。
なぜならばプロはラインを読むあまりに失敗してしまうということがあるからです。

もちろんこれは言葉の問題ですから、アマチュアゴルファーの人がこのラインを通ったとしてもプロと呼ぶことになっています。
またそれ以外の特徴としては、距離が合っているということが上げられます。

もちろん距離が合っていなくても良いのですが、多くの場合は読みが足りないだけで距離感は合っていたという意味合いで使われることが多いので、このケースのときに言われるようになっています。

また傾斜がないグリーンでは芝だけでそこまで影響を受けないので、あまり使われることはありません。

基本的には傾斜と芝を読むことができずに下に落ちて行ってしまったときのみです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ