初心者にとって最初の関門となる、ロングアイアン

ロングアイアンは、5番以上のアイアンのことで、とくに扱いが難しくなっていることから、初心者泣かせのものとも言われています。
ウッドでは難しいからアイアンを使うのですが、それでは難易度が変わらないとなれば、あまり使いたくなくなってしまいます。
もちろん番手が高いものを選べば良いのですが、それでは飛距離が足りないということにもなってしまいます。

初心者はまずロングアイアンを扱えるようにならなければ、スコアアップの一歩を踏み出せないということが言えます。
それではなぜこれが難しいのかと言うと、まずロフトが立っていると言うことが挙げられます。

これにより球が上がりにくくなっていて、ちゃんとミートしなければ弾丸性の打球になってしまうのです。
そして、スイートスポットが小さいと言うのが一番初心者には厳しい点です。

これによりミスショットをしてしまう危険が高くなるのです。

そしてクラブ自体が長いものになっているのに、ティから打つということはなく、地面から打つのが前提となるので、フェアウェイウッドと同じような難しさがあります。

そしてこれを避けるためにはスイングの練習をして扱えるようにしなければならないという方法と、もう一つ、ロングアイアンを避けるということもできます。

もちろん本格的なスコアアップをそれなしでやっていくというのは無理があるでしょうが、それでもゴルフを楽しむことはできます。

どうしても必要になるときまで、ゴルフをただ楽しみたいならあえてこれらを避ける選択肢も十分ありです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ