自然物の中でも、プレーに邪魔ならば取り除けるルースインデペディメント

ルースインデペディメントは、コースに落ちている葉っぱなどの障害物を取り除いても良いということです。
ですが自然物であっても、どれを取り除くことが可能かというのは判断がなかなか難しくなります。
ありのままでプレーをすることが常識とされるゴルフですから、何を取り除いていいのかの判断は難しくなるのです。

一般的には、自然物で地面に固定されていない物ということになります。
また、ハザードの中では取り除いていけないということになっています。

例えばラフの中に大きな石が転がっていたとしても、それが地面にめり込んでいなければ取り除いてもいいと言うことになっています。
ただし取り除くのに時間がかかるようならば、それは遅延行為となってしまって、違反になってしまいます。

また少しでも岩が地面にめり込んでいた場合は、それはコースの一つの造形になっているので取り除いてはいけません。
また、枝などが落ちていて、一部が邪魔になるので取り除くということもよしとされています。

ただしそれが落ちた枝であるということが前提とされていて、木の一部と判断されていたらいけません。

判断が難しくなっていますが、虫や落ちた枝や葉っぱなどの、コースの造成によるものではないのならば、ルースインデペディメントが適用されると考えて間違いはないでしょう。

ただしバンカーなどのハザードの中では例外となってしまうので、取り除くことはできないという点には注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ