手で拾い上げて、手でボールを置く、プレース

プレースとは、ボールを拾い上げて他の場所に置くことです。
規則によって決められていて、これを行うのはプレーヤーかパートナーに限られています。
また、同じような言葉にリプレースというものがありますが、こちらはまったく同じ場所におくということですから、似てはいますがまったく違うので勘違いしないようにしてください。

例えば、ボールに泥がついてしまってまったく打てない状況などに、この方法を使うことになります。

また、ボールに泥がついてしまったから新しいボールに換えるということはやってはいけないことで、これをやってしまうとプレース扱いになってしまって罰則を受けることになるので、自分が今どちらをしなければいけないのかには、注意を払ってください。

そして、これとかなり似た言葉でドロップというものもあります。
これはボールを拾い上げて新しい場所に置くことは同じですが、置き方が異なります。

ドロップでは、ボールを肩の高さまで上げてそこから下に落とします。
止まった位置がボールの設置場所になるのですが、プレースでは手で置くことになっています。

時には6インチルールというものも適用されることがあり、どうしても打てない場所に行ってしまったのならば、6インチ以内であるならばこの方法で動かしてよいというものがあるのですが、そのときは少しでもピンに近づいてはいけません。

そして6インチ以上離してしまってもルール違反と見なされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ