飛距離を伸ばすためのフェードボールを打つコツとは

フェードボールとは、まっすぐに飛んだボールが落ちるときに、やや方向を変えて落ちる球筋の事です。
右利きならば右に、左利きならば左に切れていきます。
飛距離が伸びる傾向がある事から、特にドライバーでのティーショットなどではよく使われていますが、打ち方にはちょっとしたコツが必要です。

右利きの人を例として説明すると、まず狙いを定めるのは、フェアウェイのやや左が良いでしょう。
左サイドに向かって飛びながら、落下していくときに中央に戻ってくるというのが理想的な球筋です。

クラブフェースは狙いを向けた方向にセットして、そのポイントに打ち込むようにイメージをします。
ボールを置く位置は、いつもより少し左に寄せておくと打ちやすくなります。

ここからが一番重要なのですが、ターゲットに向けていたフェースをやや開いて、狙う方向ではなく、落下予測地点、つまりフェアウェイの中央に向けます。そして開いた時点でグリップを握り直します。

ここまででアドレスが完成した事になります。
その後のスイングでも重要なポイントがあり、それは最初のターゲットに向けてボールを打ち出すという事です。

フェースの向きとは違った方向ですが、これをする事によって自然とインサイドのスイングになり、フェードボールになります。
また、いつもよりも体を速く回転させることも重要です。

もっともこれは一例ですから、誰がやっても上手くいくという保証はありません。
上手くいかないようなら、いろいろなスイングに挑戦してみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ