後続にパスする事で円滑なゴルフをするのはマナー

パスとは、ゴルフ場などで後の組がつかえてしまったときに、先に行かせる事です。
ゴルフのラウンドを回っているときは、常に自分たちだけではなく、他の人も後続でプレーをしています。
そしてあまりにもプレーが遅ければ後ろが迫ってきて、最悪の場合は待たせてしまう事もあります。

特にゴルフはボールを飛ばす競技ですから、人がいるような場所に打ち込むのは安全性から絶対にやってはならない事です。
そこで時間がかかるようならば、後続を先に行かせる事もあります。

この状態を「パス」すると表現します。
ただし単純にたらたらとプレーをすることで遅くなっているというのは、あまりほめられたものではありません。

実際にマナーに反するので、この状態で後続を先に行かせるという事はあまり良くはありません。
実際に使うときは、自分が深いラフに打ち込んでしまって、ボールを探すのに時間がかかるときなどでしょう。

どうしてもしょうがなく、時間がかかってしまうというときのみ使う事がエチケットです。
また自分のプレーはそれほど遅くなくても、後続のプレーヤーたちがあまりにも速すぎるときは、大人しく先を譲った方が良いでしょう。

ゴルフではルールとマナーが重視されますから、全体の進行を遅らせてはなりません。
プレーが遅れてしまう事もマナー違反になりますから、自分たちだけでなく全体的な流れにも気を配るようにしましょう。

また、マッチプレーをしている組があれば、非常にその組が速くなるので、後続にきたらできる限り譲るようアナウンスされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ