スライスを直せる、脱初心者のためのハンドダウン

ハンドダウンは握り方の一つです。
グリップが体に近く、手首に角度がついている持ち方で、握り方というよりも構え方と言った方がしっくりくるかもしれません。
このように構えるとボールの捕まりが良くなってスライスが矯正されますが、なかなかこれができる初心者は少なくなっています。

初心者では逆に、ハンドアップという手首に角度がない持ち方をしている人が多く、それがスライスの要因になっています。
こうした初心者の持ち方を脱する方法の一つとして、このハンドダウンを習得するという練習法があります。

具体的にこの構え方ができているかどうかはクラブのソールを見る事によって確認できます。
トゥの部分が浮いているのならば正しくこれができていますが、ハンドアップだとヒールが浮いてしまいます。

これを一定の基準にする事ができますが、一番はバックスイングしたときにフェースが開いていないかを確認する事でしょう。
バックスイングをしてフェースが開いてしまうという構え方がスライスの原因ですから、もしもそれがなければスライスはしません。

まだそれでもスライスをしてしまうようならば、他の場所に原因があります。
ただしこれは良い事ばかりではなくやりすぎてしまうと、フックが出てしまうという事態になります。

今度はフェースを閉じすぎてしまうというわけです。

ただし、正しいスイングをしていくためにはこの構え方は絶対ですから、きっちりと基本を押さえるまでは意識しながら、これを振った方が良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ