だれもが楽しんでプレーするために必要な、ハンディキャップ

ゴルフは上級者と初心者のレベルの差が如実に出てしまうスポーツです。
もちろんすべてのスポーツがそうなのですが、コンペとしてみんなで楽しむときに、そういった実力差が出てしまう事があると、ゴルフとしての楽しみ自体が損なわれてしまいます。
そのときに使われるのがハンディキャップです。

ゴルフはラウンドを回ったときに何打叩いたかを競うもので、それが少なければ少ないほどいい成績という事ができ、最も少ないスコアで回った人が優勝となります。

ハンディキャップを持っている人は、自分が残したスコアからそのハンデの数字を引いたものがスコアとして認められる事で、これにより初心者であっても、優勝の可能性が残されることになり、上級者と同じように楽しむ事ができます。

また、引く前の素の数字をグロスと言って、それが本来の成績という事になります。
人にゴルフの成績を聞かれたらこの数字を教える事が一番早く分かるでしょう。

また引いたあとの数字はネットと言います。
また、ハンディキャップはHDCPと呼ばれる事もあって、ゴルフ場が主催する協議会では正式なルールに則って定められます。

日本ゴルフ協会のホームページには詳しく算出方法が載っています。
またハンデが一桁の人をシングルプレーヤーと呼びます。

こういったものがあるからこそ、ゴルフは老若男女問わず楽しんでする事ができるとも言えます。

ただし上限が設定されているので、あまりにもひどいスコアであってもハンデがあればある程度楽しめるというわけではないので一定のレベルは必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ゴルフ用語

このページの先頭へ